2017年08月13日

韓国調査の報告会を開催します

 NPO法人官製ワーキングプア研究会理事長の白石孝です。


市民と議員による韓国政策調査報告会

 加計学園・森友学園で問題になっている国家戦略特区で
すが、韓国では韓米FTA発効後、経済自由区という名前で
特区政策を行っています。日本では官製ワーキングプアな
ど非正規公務員や民営化による低賃金が問題になっていま
すが、韓国ソウル市では公共部門の非正規労働者の正規職
(無期契約)化などで成果をあげ、国や民間企業にも影響を
及ぼしています。
 こうしたテーマを中心に、市民と党派を超えた議員とで、
韓国調査を行い、ムン・ジェイン新政権下における医療特
区の動向、パク・ウォンスン市長のソウル市政の運営など
について、また、マニュフェスト実践本部や保健医療労組、
野党の正義党、参与連帯、労働社会研究所などを訪ねました。
 100万人ろうそくデモ(延べ1700万人)によって、パク・
クネ前大統領を弾劾したパワーや若い世代による新しい市
民参加型政治の状況、新政権の政策を市民が作っていくや
り方を、共有しませんか。ぜひ、お気軽にご参加ください。

調査報告
・マニュフェスト選挙
・医療特区
・参与連帯(最大の市民団体)
・公共部門非正規労働者の正規職化・委託先職員の正規職
 員化や生活保障賃金制度
・ソンミサンマウル(地域の新たな市民協働)での市民との交流会ほか


日時:2017年9月24日(日) 17:45開場18:00スタート
場所:文京区民センター2A会議室
参加費:500円


主催:市民と議員による韓国政策調査の会
 会津素子(成田市議会議員)伊藤壽子(佐倉市議会議員)
岩井京子(大田区民)植田真紀(高松市議会議員)太田あゆ
み(高松市議会議員)長南博邦(野田市議会議員)鬼木のぞ
み(岡山市議会議員)片山かおる(小金井市議会議員)
白石孝(NPO官製ワーキングプア研究会)奈須りえ(大田区
議会議員)初鹿明博(衆議院議員)治田学(渋谷区議会議員)
藤代政夫(千葉県議会議員)米田晴彦(香川県議会議員)
報告会協力:全国フェミニスト議員連盟

問い合わせ(奈須):メール office@nasurie.com 
電話03(6303)8671
FAX03(6303)8672
posted by 官製ワーキングプア研究会 at 13:54| 報告 | 更新情報をチェックする

2017年07月20日

韓国に学ぶということ

誰か個人がいい悪いという意味でなく、やはり自ら省みて、本当に力がある運動や組織を創ることがポイントと痛感する。突然こう書いたって分からないだろうから、少し触れる。来週、超党派、なおかつ国会から県議、市区議まで幅広い議員をご案内して韓国調査に行く、その事前学習会をした。
    概ね好意的、高い関心での意見交換だったが、端々から何だろう、嫉妬的猜疑心的言葉も漏れ聞こえてくる。さすが、見識ある方がただから、マスコミが吹聴する「韓国は遅れている、ひど過ぎる政権や社会だったから」とはならないが、政権を取り、首都大都市で圧倒的な改革や市民参画を進めていることを、にわかに信じられないようだ。何故か、帰り道で考えてみた。基本は、日本の私たちに「成功体験」が無いことが大きいのかな。国政政党は「議員互助会」的集合離散をくり返す、政権を取ってもこける、分裂のベクトル、国会に1議席も議員を送れない、などなど。だから、安倍政権不支持率が高まっても受け皿がない、都議選もあの様だ。
    韓国から学ぶのはそこではないのか。でも、どちらかというと、魂の部分でなく、重...箱の隅をつつくような質問が気を許すと繰り返される。先日、ある韓国研究者と会話した時、「数年前に日本の革新系の著名な学者数名を韓国にご案内し、合同シンポを開催した。ところがその後、韓国サイドから厳しいクレームが来たんだ。中身は、あの日本の学者さんたちは、上から目線で、韓国から何かを学ぼうという雰囲気すらなかった、と」。そのクレームした韓国の研究者は、政治家でもあり相当に著名、活躍をされている方。おまけの話しだけど、韓国では学者が身銭を切って社会運動を担ったり、発言をする、政治家にもなる。日本にもわずかいるけど、政府のなんたら委員になって懐柔されたり、学者
然と籠ったり、TVのコメンテーターで優等生発言して謝礼はしっかりいただく、かっこいい発言はしても政治家になって自ら身を切るなんてのは稀だもんね。
    繰り返すが、どの個人がいい悪いの定めをしているのでなく、日本の政治運動、社会運動、労働運動こそが、世界的にも大きく遅れを取っていると自覚し、相当な覚悟で新たな何かを造らないといけない時期に来ている、ということ。韓国調査でそういう覚悟を共有出来ればいいのだが。
posted by 官製ワーキングプア研究会 at 14:54| 報告 | 更新情報をチェックする

2017年07月09日

週刊東洋経済の特集

 発行されてすでに2週間ほど経っているが、『週刊東洋経済』が
「残業禁止時代」という大特集をした。7月1日号で。
 これは必読。今からでもバックナンバーを置いている書店で
購入、読まれたほうがいいだろう。
 また、朝日新聞が「働き方改革」に関する連載を8回にわたって
掲載紙、今朝が最終回だった。記事にはいろいろな意見もあるだ
ろうが、なかなか多角度から読み応えある連載だった。
posted by 官製ワーキングプア研究会 at 11:41| 報告 | 更新情報をチェックする