2017年11月18日

12月16日はレイバーフェスタ

 NPO法人官製ワーキングプア研究会も参加します下記イベントのご案内です。

★レイバーフェスタ2017 12月16日(土)田町交通ビル6Fホール
★お得なメール予約 http://labornetjp.jimdo.com
  (当日1700円のところ1500円)
★学生・若者集まれ! 学生と20歳以下は無料です。
★12/16フェスタ詳細情報ページ 
 http://www.labornetjp.org/news/2017/1216kokuti

■あなたもつくろう! 川柳・3分ビデオ■
 <妻たちに「平和」と書かせ武器売買」>。11月の「朝日川柳」に投稿されたこの句はトランプ訪日の本質をずばり突いていて、共感を呼んでいます。川柳は権力者を風刺するだけでなく、運動側に元気を呼び起こす17文字の短詩。日本や世界の現状、安倍政権に言いたいことなど、あなたも川柳で表現してみませんか。ことしのテーマは「2017年を振り返っていま言いたいこと」です。すでに16人・46句が寄せられています。締め切りは12月5日(火)。お早めにフェスタ事務局あてにメール・FAX・郵便でお送りください。当日優秀作を発表します。→投稿は
http://labornetjp.jimdo.com/senryu/ から。
 また恒例の3分ビデオも新人大募集です。「素材はあるが編集はどうも」という方には「編集サポート」もできます。スマホの映像でもOK。仕事のこと、生活のこと、社会のこと、言いたいことを3分の作品にまとめて下さい。内容は自由です。あなたが撮ったとっておきの映像を大スクリーンで上映しましょう。世の中に何かを知らせるには「レイバーフェスタ3分ビデオ」は最適です。こちらも締め切りが12月5日です。あなたの作品を待っています。→送付先は事務局。DVDまたはデータ便で。
 
■音楽 : たたかいの中に歌がある■
 今回は、たたかいの現場でうまれている歌やパフォーマンスを紹介します。非正規差別とたたかう「東部労組メトロコマース支部」がことしの多田謡子反権力人権賞に選ばれましたが、彼女たちのたたかいの現場には、いつも歌がありました。音楽コーナーでは、その「メトロレディーたち」の出演も決まりました。また、不当解雇と長期にわたってたたかっている「フジミ争議団」「JAL原告団合唱団フェニックス」が登壇します。そして「山口正紀のフリップ芸/アベ語辞典」、朝鮮高校無償化を求めるソング「声よ集まれ!歌となれ」等々。フェスタの舞台では、争議の勝利をめざして歌声が響きます。

■プログラム
9:30 開場
10:00 映画『弁護人』上映
   木下昌明のミニ解説あり
12:10 休憩 50分
13:00 音楽 : たたかいの中に歌がある
  「JAL原告団合唱団フェニックス」など
   運動の現場で生まれる歌や表現を紹介
13:40 公募川柳入賞作発表「2017年を詠む」
14:00 ニッポンのいま〜映像と報告
(1)脱原発テント強制撤去から1年
   テントの映像+早川由美子・淵上太郎
(2)市民と野党の共闘/衆院選のたたかい
   衆院選の映像+湯本雅典・鈴木国夫
(3)外国人労働者の叫び
  「だまされるな!技能実習生(ベトナム編)」上映+山村淳平・指宿昭一
15:00 休憩15分
15:15 3分ビデオ20本一挙上映
  −フェスタ名物の目玉企画
16:30 終了
*別会場で17 : 00から「大交流会」を行います。飲食代実費。
→午後2時からは、ニッポンの今を映す「映像と報告」で脱原発テント・衆院選・外国人技能実習生を取り上げます。詳細は、http://www.labornetjp.org/news/2017/1216kokuti
をご覧ください。
posted by 官製ワーキングプア研究会 at 12:43| 報告 | 更新情報をチェックする

2017年11月07日

公務災害補償制度の改善をめざす研究会を開催しました

 官製ワーキングプア研究会理事長の白石孝です。
 11月6日に標記の研究会を開催しました。
 まず、資料の残部が多少ありますので、送料360円レターパックライト込で
700円で希望される方に先着15名で送ります。
 下記、メアドに氏名、送付先、電話明記でご連絡ください。
 kanseiwakingupua1950@yahoo.co.jp

 研究会は、
・司会と提案 白石孝 @北九州資料 A石川県津幡町資料
・基調的レク 山下弘之 @レジメ「実態把握を阻む制度のかべ」 A政令市調査リスト 
            B季刊労働法論文
・コメント1 上林陽治 @レジメ・資料「どこがポンコツなのか」・コメント2 安田真幸 @レジメ「地方公務員の労災関係法適用について」 A資料集
・コメント3 神奈川訴訟弁護団 @労災事件報告
の順に報告があり、20分ほど意見交換しました。
 改正について、「労災」をベースにするか、「公務災害」をベースにするかの議論が
必然的に出ましたが、これは改めて報告します。

 また、昨夜の研究会の目的について、白石が提案しましたが、要旨は
・単なる「研究会」ではなく、具体的に改善をめざす運動の一歩としての資料と
 論点整理。
・以降は、労組、弁護士、議員、研究者、分野を限らず幅広く市民団体などに呼びかけ、
 改善を求める 社会運動ネットワークみたいなものを立ち上げ、そこで改善ポイント
 や運動の進め方を決める。昨夜の研究会の成果はその提案の基とする。
・運動としては、
 @隠された実体の把握
 A今すぐ改善できることを自治体へ求める
 B法制度改正の内容を作成し、国会への運動を展開する
以上を提案し、終了しました。
posted by 官製ワーキングプア研究会 at 15:55| 報告 | 更新情報をチェックする

2017年11月04日

公務災害補償制度の改善をめざす研究会

 NPO法人官製ワーキングプア研究会として、サイトのトップに
告知しているように、6日(月)18:30から、東京ウイメンズプラザ
2階1‐Bで標記研究会を開始します。
 どなたでも参加いただけますので、多くの方のご来場をお願い
します。参加。資料代700円です。
posted by 官製ワーキングプア研究会 at 08:57| 報告 | 更新情報をチェックする