2015年08月21日

理事長あれやこれや249 自治体調査

 理事長の白石孝です。
 「自治体臨時・非常勤等職員のワークルール50のチェック」調査票を
220自治体に送ったが、順調に回答が来ている。人事担当の方から
の問い合わせ電話も受けているが、誠実な対応が多く、また、若い職員
が目立つ。

 数日前に、ある地方の市議会議員と話していたら、「うちの人事担当は、
臨職、嘱託の皆さんは家計補助で働いているから、問題はないですよ、
と言っているけど」と。
 それ自体が今やどんどん変わってきて、家計の中心になっている人、
ダブルワークしている人、補助といっても「小遣い」ではないこと、アンケ
ート調査などをすると、それが分かる。
 また、もしパートだったとしても、その労働者に労働法を順守しなくて
いい理由は見当たらない。
posted by 官製ワーキングプア研究会 at 15:27| 報告 | 更新情報をチェックする

2015年08月16日

理事長あれやこれや248 自治体調査

 NPO法人官製ワーキングプア研究会の理事長白石孝です。
 6月に、週2〜3回のブログと書いたにもかかわらず、2か月も間が
空いてしまいました。
 8月に入り、ようやく「自治体臨時・非常勤等職員のワークルール
50」のチェック運動をスタートさせました。
 都道府県、政令市、中核市、県都(県庁所在市)で123自治体、
加えて東京と大阪の全自治体98、合わせて221自治体(重複を
除くに調査書類を発送、9月15日回答を目標にしています。

 今のところ、自治体からの反応が良く、一定数の回答が期待され
ます。なお、未回答の自治体については、2012年総務省調査の
回答を利用し、評価を加える予定です。
posted by 官製ワーキングプア研究会 at 17:23| 報告 | 更新情報をチェックする